1. ホーム >
  2. インフォメーション >
  3. よくある質問

よくある質問

電気設備関連

ブレーカー契約の変更はどのようにしたら良いのですか?
既存のブレーカー契約容量を確認し、お住まいの電力会社へ契約変更の申請をする必要があります。(弊社施工エリアでは東京電力)また、ブレーカーの契約(アンペア)変更はお客様個人でも変更する事が可能です。 最寄りの電力会社(弊社施工エリアでは東京電力)のサービス窓口へ電話し、契約容量の変更を伝えることで手続きをすることが可能です。 また、契約容量(アンペア)を変更する際はアンペアブレーカーを取り替えるのみでこの取り替え工事の料金は発生しません。
部屋のコンセントを増やしたいのですが可能ですか?
はい、可能でございます。ご質問やお問い合わせで多いのがコンセントの増設ですが、昨今の家電事情から今まで部屋に付いていたコンセントでは足りない。。。 または設置する家電製品の近くにコンセントがないと言う事がよくあります。延長コードやタコ足配線など危険を伴う配線方法やコードだらけで部屋の美観を損なう場合もございますので、 そう言った場合に是非、コンセント増設工事をご依頼ください。格安なモール処理から、部屋の美観を損なわない壁内隠ぺい配線などお客様のご要望に沿った施工をさせて頂きます。
家庭の電気に100Vと200Vがあるのはどうして?
一般的には通常のご家庭では100Vを利用されていますが、部屋の広い間取りなどで大きなエアコンを利用する場合200V仕様のエアコンもございます。 ホーム分電盤の一次側が単相3線式(引き込み線が3本)であれば200Vの機器も利用できますが、単相2線式のブレーカー回路の場合は、分電盤の工事が必要になりますので予めご確認ください。 尚、200Vには業務用の動力(三相200V)もございますが、ここでは割愛させて頂きます。
蛍光灯1個やコンセント1個の交換でもお願いできますか?
はい、施工エリア範囲内でしたらどんな小さな工事でもさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。
他店で購入した商品の取付もお願い出ますでしょうか?
はい、弊社購入の製品でなくても取付設置または施工を承りますのでご安心ください。
オークションで落札した商品なのですが依頼はできますか?
はい、オークションで落札した新品製品、中古製品の取付設置、設定もお受けいたします。オークションで落札した電化製品などは、電気業者さんに依頼を断られたりされる場合がございます。 弊社ではそんなお客様に、オークションにて落札した電化製品、地デジアンテナ(チューナー等)またはPC関連機器の出張取付施工有料サービスを行っております。
ご注意

オークションにて落札した製品が中古の場合は故障などによるこちらでの取付動作保証が出来ない場合がございますので、製品が正常に稼働するかをご入札前に確認して頂きますようよろしくお願いいたします。 不具合品の落札には十分ご注意ください。(ジャンク品最初から不動品)での取付は対応いたしかねますのでご了承くださいませ)

● 対応製品例
照明器具・地デジアンテナ・テレビ・一般電化製品・ホームテレホン・パソコン・LAN機器等

● 非対応製品
ジャンク品(不動品)海外製品(一部を除く)中古エアコン(電源工事は除く)

エアコンや電子レンジを使うとブレーカーが落ちるのですが・・・。
その場合、電力契約ブレーカーの容量が足りない場合がございます。契約ブレーカー(一番大きなブレーカー)が落ちる場合は家全体の電気使用量が多い為に起こりますので、まずは身の回りの不要な電気製品の見直しをしてみてはいかがでしょうか。 もし、契約ブレーカーから分岐しているサーキットブレーカー(複数の小さいブレーカー)の1つが落ちる場合は、タコ足配線や複数の機器を集中させて利用している場合が考えられますので、専用ブレーカーに分けるか各ブレーカーに分散す必要があります。 ただ、それでも主契約ブレーカーが落ちる場合は、電気容量のアップをすれば解決いたしますのでご遠慮なくにお問い合わせください。
アースはなぜ必要なのですか?
すべての家電製品や機器にアースをつける事はありませんが、人体に危険を及ぼすような水回りの機器(洗濯機等)や電子レンジのように機器内で高い電圧を発生させる機器には、アースを付ける必要があります。 アースを必要な製品を購入し、アース付きコンセントがない場合はアース施工も承っておりますので、お問い合わせ頂ければ対応させていただきます。
電力会社の方に、漏電箇所があると言われたのですが?
まずは、心当たりのあるコンセントに接続された家電製品や機器をすべてコンセントから外してみてください。 外してみて漏電ブレーカーが落ちない場合は、家電製品や機器の中に絶縁不良を起こしているものがあると考えられます。 もし、外しても漏電ブレーカーが落ちる場合は、大雨、台風の後など、配線等が原因で絶縁不良を起こす場合があります。 漏電ブレーカーが落ちてしまう場合などは、漏電ブレーカーの2次側になんらかの絶縁不良、漏電が考えられますので、その場合はお問い合わせください。 漏電箇所の調査をさせて頂き、原因が分かり次第、漏電原因の修繕工事をさせて頂きます。

照明関連

照明器具が点灯しなくなってしまいましたが原因はなんでしょうか?
一般的に照明器具が点灯しない場合の原因は、単なる照明の球切れが考えられます。電球の場合は球内のフィラメントが切れているか黙視できます。 また、球を振ると切れたフィラメントの一部がカサカサ音がしますので球切れの確認になるかと思います。 蛍光管の場合は、古くなると管の両端が黒くなりますので、寿命の目安にされてみてください。その他、蛍光灯の場合は、点灯管(グロー球)の付くタイプがございます。 その場合点灯管(グロー球)の寿命も考えられますので、蛍光灯器具が点灯しなくなった場合のご参考になさってください。それ以外の場合は、絶縁不良、配線不良などが考えられますのでこちらまでお問い合わせください。
照明器具の電球がよく切れるのですが・・・。
その場合は、電球の寿命ではないと感じますので一概には言えませんが、 球とソケットの接触不良や配線不良、家庭用電圧が高い可能性が考えられます。お問い合わせ頂ければお調べいたします。
既存の照明器具をLEDに変更する事は可能ですか?
LED基本的にご家庭内の照明器具であれば、ほとんどの器具をLED照明に変更する事が可能です。 また、ダウンライト照明やメンテナンスが簡単な器具であれば、LED電球交換のみご自身で交換する事もできますので、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。 尚、照明器具そのものを新規に交換する場合や埋め込み型照明器具等は施工が必要になります。
テレビの映りが良くありません。アンテナの調整をして頂きたいのですが?
地デジに変わり、今ひとつテレビの映りが悪いというお客様が多くいらっしゃいます。アナログ時代の既存のUHFアンテナをそのまま利用している場合に良く起こりがちです。その場合は、UHFのアンテナ方向調整をシビアにする事で、アンテナの感度レベルを上げることが可能ですので、調整をされる事をお勧めいたします。
尚、アンテナ調整だけではレベルが最適な状態までいかない場合がございます。その場合は指向性の高いアンテナに変更したり、障害になるアンテナ設置状況の改善が必要になりますので、予めご了承下さいませ。