1. ホーム >
  2. 電気設備関連事業 >
  3. LED照明交換

LED照明について

LED照明に交換しませんか?

LEDはLighting Emitting Diode(発光ダイオード)の略で、電量を流すと発光する半導体素子の一種です。電気エネルギーを直接光に変えるため、白熱灯のようにフィラメントを熱して発光するランプなどと比べて大幅に発熱が少なく長寿命です。 今、あかりの新時代を拓く省エネ光源として注目されています。世代のあかりとして注目されています。

その為、最近ご家庭内でも普及してきているLED照明ですが、まだまだLED電球交換のコストの面などで交換を見合わせていらっしゃるお客様も沢山いるかと存じます。

今までの電球からLED電球に交換する事で、電気料金だけで無く様々なメリットがございますので、この機会に是非ご検討下さいませ。

LED照明に交換しませんか?

LED電球への交換のメリット

  • ポイント1
    寿命が長い
  • ポイント2
    白熱電球の約40倍の寿命
  • ポイント3
    ハロゲンランプの約13倍の寿命
  • ポイント4
    蛍光灯の約4倍の寿命
  • ポイント5
    水銀灯の約4倍の寿命

電気代の節約(節電対策)

LED照明はとても消費電力が少なく経済的なメリットがあります。電力の使用量が減ると電気代も少なくなりますし、
寿命が長いため交換回数は減り、結果的にコスト削減につながります。

  • ポイント1
    白熱電球と比べて約6分の1の消費電力
  • ポイント2
    蛍光灯と比べて約2分の1の消費電力
  • ポイント3
    ハロゲンランプと比べて約6分の1の消費電力
  • ポイント4
    水銀灯と比べて約5分の1の消費電力

環境保護(CO2削減)

圧倒的な長寿命と省電力

ED照明は、通常の一般照明と比べて圧倒的な長寿命と省電力を実現します。本来の照明の寿命や電力量に比べても、
環境負荷(CO2換算)は従来の30%以下を実現しています。

◎ 紫外線・赤外線の放出が少ない

◎ 虫が寄りにくい

従来の照明器具は紫外線を発生するため虫が寄りつきやすく、サークラインなどの照明器具カバーや、街路灯、防犯灯のカバーの中に
虫の死骸が沢山溜まってしまう事が多々あります。LED照明の場合、紫外線をほとんど発生させない為、虫が寄りつきにくく
照明器具そのものの衛生面も保つ事が可能です。

◎ 展示品・書籍などを変色させない

紫外線によって色あせしてしまう書籍や書類、美術品なども、従来の照明と違い紫外線による色あせを起こさせない効果があります。

◎ 発熱が少ない

光源が熱をほとんど持たない為、発光効果も低下しないため効率が高いという性質があります。
また、空調(エアコン)を利用している際も、冷風効率を下げてしまう蛍光灯の熱などよりも熱量が低いため、
間接的な空調効果を高めることが出来ますので、結果電気料金を削減出来ます。

その他、熱を嫌う美術品などの展示照明、庭での植栽演出などにも適しています。

有害物質を含まない

蛍光灯のように水銀、鉛、カドミウムを使っていないので環境を破壊しません。また、蛍光管や電球のように
廃棄に手間がかかること無く、容易な為環境にも優しいと言うメリットがございます。(地域によっては不燃ゴミでの廃棄が可能)

 

落としても割れない

従来の電球や蛍光灯では、落とすことにより割れたガラスが飛散して大変危険でした。
ですが、LED電球は表面が樹脂製カバーになっているケースがほとんどですので、
ガラスが割れる事による事故、怪我の危険性もなくなりました。
とくに小さいお子様などのいる環境では安心できる利点になりました。

LED照明導入における助成金

LED照明の場合、官公庁や地方自治体等で、助成金(補助金)を受けられる場合があります。
お住まいの都道府県庁、市役所などでも助成金制度を利用出来る場合がありますので、ご確認されてみて下さい。

LED電球の種類について


LED電球へのお取り替え参考表